Subscribed unsubscribe Subscribe Subscribe

Hatena Developer Blog

はてな開発者ブログ

【Google I/O 2016参加レポート】Android開発者向けオススメセッション 1日目

こんにちは、アプリケーションエンジニアのid:takuji31です。

私は今、5月18日〜20日開催のGoogle I/O 2016に参加しています。

今回は会社からの派遣ということで、知見を持ち帰るべくサンフランシスコにやってきました。私としても念願のGoogle I/O初参加となり、興奮が収まりません。

f:id:takuji31:20160518084525j:plain

1日目の18日に私が見たセッションの中から、Android開発者の皆様にオススメのものを紹介します。

Keynote

www.youtube.com

言わずと知れた基調講演です。毎年ライブストリーミングを徹夜で見る方も多いのではないでしょうか。

以下のようなものが発表されています。

  • Google Assistant
  • Google Home
  • Google Assistant搭載メッセンジャーアプリ「Allo」
  • シンプルなビデオ通話アプリ「Duo」
  • Android N の名前を募集
  • VRプラットフォーム「Daydream」
  • Android Wear 2.0
  • Android Studio 2.2 preview
  • Firebase Analytics
  • Android Instant Apps

私自身は、開発者視点ではAndroid Studio 2.2やAndroid Instant Appsに注目しています。

Android Studio 2.2では、Instant Runやエミュレーターが更に高速化されます。

Android Instant Appsでは、Deep Linkから(対応していれば)未インストールのアプリの一部を直接開くことができ、今までより更にWebアプリとネイティブアプリの境界線が曖昧になり、使いやすくなっていくでしょう。

ユーザー視点では、Google HomeやAlloが気になっています。

Google HomeはGoogle Assistantが生活を支えるプラットフォームになり得るデバイスですね。

また、Alloは返信を書くために言葉を選ぶ、詳細を調べるといったようなことを全てGoogle Assistant任せにでき、円滑にコミュニケーションが取れるメッセージングアプリではないでしょうか。

見ることで新しいものの概要をざっくりつかめますので、興味がある方もない方も是非一度ご覧ください。

What's new in Android

www.youtube.com

Android Nや新しいバージョンのSupport Libraryなど、最近の変更について詳しく紹介されています。

中でも注目はAndroid Studio 2.2 previewの新機能であるConstraint Layoutでしょうか。

イメージとしてはiOSのAuto Layoutに近いように感じます。

Android 2.3以上から利用でき、Android Studio 2.2上で直感的にレイアウトが作成できます。

新しいAndroidの機能を一通り触ってみたい方にオススメです。

What's new in the support library

www.youtube.com

Support Libraryのバージョン23.2、23.3や23.4、現在alpha版の24.0での変更点が紹介されています。

私は、24.0から追加される、ColorStateListのlayout attributeサポート、StateListAnimatorのstate_collapsible state_collapsed属性の追加に注目しています。

また、Support Libraryの将来についても少しだけ紹介されています。

他にもVector Drawable Support Libraryの使い方や、24.0の新機能が紹介されていますので、Support Libraryの動向を追えていない方、最近の変更をまとめて見たい方にオススメです。

What the Fragment?

www.youtube.com

Fragmentについてのセッションです。

なぜFragmentを使うのか、Fragmentを使う上でのセオリーなどが紹介されています。

何となくFragmentを使っているがどうするのが正しいのか分からない、Fragmentは不要だ、全部Activityでいいのではないか、と思っている方は一度ご覧ください。

私もFragmentの利用について、いくつか思い悩むところがありますので、このセッションを参考に解決していきたいと思います。

1日目を終えて

今年の発表は全体的にモバイルが中心の構成になっているように感じました。

参加者もおそらく半数以上がAndroid開発者だと思われます(What's new in Androidの発表時にKeynoteと同じ会場の席が半分以上埋まっていたため)。

そのためか会場の熱気は大変高まっていました。

余談ですが、気温も高く陽射しも強かったので、私は午前中に日焼けで顔が真っ赤になってしまいました。

明日はきっちり日焼け止めを塗って参加しようと思います。

明日もはてなTシャツを着て参加しておりますので、現地で見かけましたら、是非お声がけください!

まとめ

1日目のオススメセッションを紹介しました。

2日目の明日も、Android開発者向けのオススメセッションを紹介します。

それではまた明日お会いしましょう。

最後に、はてなではAndroidやiOSのネイティブアプリ開発を行うスマートフォンエンジニアの募集を行っています。

一緒に最高のモバイルアプリを作ったり、Google I/Oに参加しましょう!

hatenacorp.jp