はてなで働くエンジニアにアンケートシリーズ第3回 taketo957

こんにちは、id:hitode909です。 SRESite Reliability Engineerは読んで字の如くサイトの信頼性を高める職業で、サーバーの運用にとどまらず、サービスの信頼性に対して工学的にアプローチする職種です。
これまで、中途入社のアプリケーションエンジニア2名に話を聞いてきましたが、今回は、新卒入社のSRE、id:taketo957にお話を聞いてみました。


id:taketo957にアンケート

はてなidとその由来を教えてください

自分の名前であるtaketoに適当な奇数をつけました。本当に意図や意味はありません。

社内では、「たけと」と呼ばれています。昔からファーストネームで呼ばれる方が好きだったりするので満足しています。

f:id:hitode909:20190130171051j:plain
957は適当な奇数

いつどんなきっかけで入社されましたか?

大学院の修士1年のときに東京で複数社でインターンシップを経験させていただき、京都に帰ってきてからも継続的にWeb業界で働いてみたいなと思い、2014年の12月から、社内のインフラを横断的に見ていたシステムプラットフォーム部にアルバイトとして入社しました。

その後、2016年度の新卒としてそのまま同部署に入社しました。

現在の仕事を教えてください

イカリング2の運用や協業・受託案件を扱うゲームチームに所属し、各案件に関わるシステムの構築に携わっています。 AWSを用いた基盤の構築や負荷試験の計画・実施、運用を見据えたログの扱いや監視の設計などが最近の主な業務です。

新規技術検証も積極的に行っており、最近では開発者プレビュー版のaws-cdkを用いて開発環境を構築してみたりもしていました。

taketo957.hatenablog.com

チーム内の立ち位置を教えてください

ゲームチームに専属のSREとして所属しています。基本的にSREは、システムプラットフォーム部と呼ばれる社内横断で基盤をみている部署に所属しているのですが、サービスの運用・構築に特化した働きをするために開発チームに所属しています。 設計段階からアプリケーションエンジニアと一緒に考え、一緒に構築することでチームが一丸となってスムーズに運用に入っていけることを意識しています。

f:id:hitode909:20190130171343j:plain
ゲーム好きが多いのがチームの特徴。ブースの壁にゲーム関連のポスターを貼ることが多い

今日一日の流れを教えてください

午前に出社し、aws-cdkのupdateを確認し、新しいバージョンが出ていればライブラリをアップデートします。ランチを挟んでチームの昼会に参加します。 その後、週次で開催される先方のエンジニアとの会議に参加します。会議では双方の進捗の報告や、仕様の相談などを行っています。

最近は負荷試験の計画と負荷試験環境の構築、チームがログを解析しやすいような環境を作ることが主な業務です。

最近うまくいったことは何ですか?

構築作業を行う際に、大きな画面を用いてペアプロやペアオペを積極的に行うことでアプリケーションエンジニアにも積極的にインフラ部分を構築してもらえたことです。社内では、開発チームがサービスのアプリケーションだけではなくインフラストラクチャまでを含めて運用に責任をもつことを「インフラオーナーシップ」と呼んでいますが、このままうまくインフラオーナーシップを渡していけるといいですね。

f:id:hitode909:20190130171756j:plain
貼ったポスターを前にディスカッション

最近うまくいってないことは何ですか?

技術検証を行った獲得した知見を社内に展開することに課題を感じています。扱う案件によっては、社内にも情報を公開できない場合があるのですが、そういった際に獲得した知見を一般化して共有することに難しさを感じています。

また、社内基盤とは完全に独立して一から基盤を構築しているので、チームで獲得した知見をそのまま社内に展開できるというわけではない場合もあるので、どのように社内基盤に還元していくかという部分を解決するのが非常に難しいです。とはいえ、大事なことなので諦めずに頑張って行きたいですね。

ふだん大切にしていることは何ですか?

技術に対して偏見や先入観を持たないことは意識しています。

はてなはどんな会社ですか?

前の二人 (KGA, onk)もあげていますがEvilなことをしない人が本当に多いと思います。


id:hitode909 おわりに

いかがでしたか?はてなでは現在、インフラオーナーシップの取り組みを進めていて、わたくしid:hitode909も、初めての操作はSREの方とペアオペをして、教えてもらったりしています。

メインで扱う技術のレイヤは少し違っても、知見の横展開への苦労など、共通の悩みもあることが分かりました。いつかは、上からと下から、両側から土を掘っていくとトンネルが開通するみたいな感じで、双方向に力を伝えあえる関係になれると良いですね。

アプリケーションエンジニア、SRE,ときましたが、次回はCREが登場予定です。お楽しみに!


写真:id:aereal