Markdownでのエントリー Markdownでのエントリー Markdownでのエントリー


Headings

h1. はてなの機械学習サブ会とは

h2. はてなの機械学習サブ会とは

h3. はてなの機械学習サブ会とは

h4. はてなの機械学習サブ会とは

h5. はてなの機械学習サブ会とは
h6. はてなの機械学習サブ会とは




Headings Profile Image<>/h6

id:akiym 「Perlコーディングテクニック2018」

id:akiym 「Perlコーディングテクニック2018」

id:akiym 「Perlコーディングテクニック2018」

id:akiym 「Perlコーディングテクニック2018」

id:akiym 「Perlコーディングテクニック2018」
id:akiym 「Perlコーディングテクニック2018」




Text

はてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニア小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、Tab 社内で正式にサブ会として aria-label 認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とは はてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とははてなの機械学習サブ会とは

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。

はてなではより専門的な内容に関するエンジニアの小集団として、サブ会という制度が昨年から開始されています。昨年までは個人的に機械学習勉強会をランチタイムに運営していましたが、社内で正式にサブ会として認定されたことにより、業務時間内に活動しやすくなりました。このエントリではサブ会発足からの約八ヶ月の活動を振り返りってみたいと思います。




Images

Inline-style:
alt text

Reference-style:
![alt text][logo] [logo]: https://github.com/adam-p/markdown-here/raw/master/src/common/images/icon48.png "Logo Title Text 2"

f:id:takakii:20180209181442j:plain

https://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/t/takakii/20180209/20180209150213.jpg

風景
キャプション

f:id:takakii:20180209191216j:plainf:id:takakii:20180209191200j:plainf:id:takakii:20180209191221j:plainf:id:takakii:20180209191208j:plainf:id:takakii:20180209191148j:plain
f:id:takakii:20180209191216j:plain
f:id:takakii:20180209191152j:plainf:id:takakii:20180209191137j:plainf:id:takakii:20180209191142j:plain




List

ul
- テキスト情報も提供する - キーボードだけでも操作可能にする
- 簡単にチェックできる、機械的にチェックできることから - macOS の VoiceOver (Command + F5 でオンオフ) は読み上げ内容が文字でも表示されるので便利 - テキスト情報も提供する - キーボードだけでも操作可能にする - macOS の VoiceOver (Command + F5 でオンオフ) は読み上げ内容が文字でも表示されるので便利 - 個人的にまずやっておきたいのは - テキスト情報も提供する - キーボードだけでも操作可能にする

ol
1. リスト 2. リスト


  1. 逐次型(インデックスを使わない全文検索アルゴリズム)
    • KMP, BM など
    • grep などの文字列検索プログラムで実装されている
  2. インデックス型(インデックスを使う全文検索アルゴリズム)
    • 転置インデックス、シグネチャファイル、接尾辞配列 (SA)、FM-index など
    • 何らかのデータ構造からなるインデックス(索引)を構築、ファイルなどに保存し、検索のときに利用する

3段階までは想定済み(それ以上は崩れる)

  1. インデックスの構築
    1. それぞれの文書にIDを付与
    2. 文書をトークン(単語など)の列に分割
    3. トークン列をもとにインデックスを構築・更新
  2. クエリ文字列による検索
    1. クエリをトークン(単語など)の列に分割
      1. インデックスを使ってヒットする文書IDのリストを取得するインデックスを使ってヒットする文書IDのリストを取得する
    2. 文書IDのリストにスコアをつけてソートした結果を返す

dl
Short duration
その操作を行う直前に確保し、操作の直後に解放するロック。その操作を行う直前に確保し、操作の直後に解放するロック。
Long duration
その操作を行う直前に確保し、トランザクションが終了してから解放するロック。その操作を行う直前に確保し、トランザクションが終了してから解放するロック。




Blockquote

事業者は、その事業を行うに当たり、(略) 障害者の権利利益を侵害することとならないよう、(略) 社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をするように努めなければならない。 コミュニケーションや、情報との出会いの機会を増やすことで、社会を豊かにします

事業者は、その事業を行うに当たり、(略) 障害者の権利利益を侵害することとならないよう、(略) 社会的障壁の除去の実施について必要かつ合理的な配慮をするように努めなければならない。

コミュニケーションや、情報との出会いの機会を増やすことで、社会を豊かにします

-- 障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律 - 内閣府


「知る」「つながる」「表現する」で新しい体験を提供し、人の生活を豊かにする。コミュニケーションや、情報との出会いの機会を増やすことで、社会を豊かにしますインターネットサービス提供のための技術と経験を活かし、ユーザーや企業向けに満足度の高いサービスや製品を提供します

事業成長と働きやすさを高次元でバランスさせ、働きがいのある会社を目指します

-- ミッション - 株式会社はてな




Code

class LikePerformer {
    static getInstance(...) { ... }

userId: string;
targetId: string;
isLiking: <span class="synStatement">boolean</span>;

constructor(userId: string, targetId: string, isLiking: <span class="synStatement">boolean</span>) <span class="synIdentifier">{</span>
    <span class="synIdentifier">this</span>.userId = userId;
    <span class="synIdentifier">this</span>.targetId = targetId;
    <span class="synIdentifier">this</span>.isLiking = isLiking;
<span class="synIdentifier">}</span>

toggleLike(): JQueryPromise&lt;void&gt; <span class="synIdentifier">{</span>
    <span class="synIdentifier">let</span> isLiking = <span class="synIdentifier">this</span>.isLiking;
    <span class="synIdentifier">let</span> apiURL = `/users/<span class="synIdentifier">{</span> <span class="synIdentifier">this</span>.userId <span class="synIdentifier">}</span>/targets/<span class="synIdentifier">{</span> <span class="synIdentifier">this</span>.targetId <span class="synIdentifier">}</span>/<span class="synIdentifier">{</span> isLiking ? <span class="synConstant">'unlike'</span> : <span class="synConstant">'like'</span> <span class="synIdentifier">}</span>`;
    <span class="synStatement">return</span> $.post(apiURL).then(() =&gt; <span class="synIdentifier">{</span>
        <span class="synIdentifier">this</span>.isLiking = !isLiking
        <span class="synIdentifier">this</span>.emit(<span class="synConstant">'status-change'</span>);
    <span class="synIdentifier">}</span>);
<span class="synIdentifier">}</span>

}

func data(from uuid: UUID) -> Data {
    let data = NSMutableData(length: 16)!
    (uuid as NSUUID).getBytes(data.mutableBytes.assumingMemoryBound(to: UInt8.self))
    return data as Data
}

No language indicated, so no syntax highlighting.
But let's throw in a <b>tag</b>.




Math

www.mathjax.org

Markdownのアンダースコアが優先されるため、アンダースコアを含むTeX記法は、それを\でエスケープする必要があります。

[tex:N{ab} = M_{ab}]
↓
[tex:N_{ab} = M_{ab}]

\def\var#1{\overline{#1}}\def\equiv{\;\Leftrightarrow\;} [tex:\def\permissionset{{ { a{11}, a{12}, \ldots, a{1m_1} }, { a{21}, a{22}, \ldots, a{2m_2} }, \ldots, { a{n1}, a{n2}, \ldots, a{nm_n} } }}] [tex:\def\shortpermissionset{{ { a{11}, \ldots, a{1m_1} }, { a{21}, \ldots, a{2m_2} }, \ldots, { a{n1}, \ldots, a_{nm_n} } }}]

積和形の準同型性より、 \var{p} = \shortpermissionset のすべての \{ a_{i1}, \ldots, a_{im_i} \} について、 \{ \{ a_{i1}, \ldots, a_{im_i} \} \} \ \var{ allows }  \ r \equiv (a_{i1} \oplus \cdots \oplus a_{im_i}) \ { allows  } \ r が成り立てばよい。 \var{ allows } の定義より、 \{ \{ a_{i1}, \ldots, a_{im_i} \} \} \ \var{ allows } \ r \equiv \exists j.\; \{ a_{ij} \} \subseteq r が成り立つ。 a_{i1} \oplus \cdots \oplus a_{im_i} = \{ \{ a_{i1} \}, \ldots, \{ a_{im_i} \} \} であるから、 \exists j.\; \{ a_{ij} \} \subseteq r \equiv (a_{i1} \oplus \cdots \oplus a_{im_i}) \ { allows  } \ r である。

和積形は、「かつ」の条件を加えるのに要素を1つ追加するだけでよい(\ \doublecup \ を計算する必要がない)ので、「または」の条件を合成しないなら、できる限り和積形で表現しておくと計算が少なくて済みます。その上、積和形における\ allows \ と和積形における \ \overline{ allows } \ の同値性が成り立つことがわかったので、和積形に関しても準同型性を使うことができ、「かつ」の計算をばらばらにやってもよいことがわかります。

\sum_{i=0}^n x_i

N_{ab} = M_{ab}

\int_a^{b}  f(x) dx

\displaystyle \frac{1}{n}

\sqrt[n]{x}

E = mc^2

x = {-b \pm \sqrt{b^2-4ac} \over 2a}

{\begin{eqnarray}\max ( a, b ) =  \begin{cases}    a &amp; ( a \geqq b ) \    b &amp; ( a \lt b )  \end{cases}\end{eqnarray}}

{\displaystyle
  A =
    \begin{pmatrix}
      a &amp; b &amp; c \
      d &amp; e &amp; f \
      g &amp; h &amp; i
    \end{pmatrix}
}

文字サイズ設定
http://easy-copy-mathjax.xxxx7.com/#letter-size
  • 大きいサイズ

    • \large{ ... }
      • \large{\begin{eqnarray}1 + \frac{ 1 }{ 1 + \frac{ 1 }{ 1 + \frac{ 1 }{ 1 + \ddots } } }= \frac{ 1 }{ 2 } \left( 1 + \sqrt{ 5 } \right)\end{eqnarray}}
  • 大きいサイズ2

    • \Large{ ... }
      • \Large{\begin{eqnarray}1 + \frac{ 1 }{ 1 + \frac{ 1 }{ 1 + \frac{ 1 }{ 1 + \ddots } } }= \frac{ 1 }{ 2 } \left( 1 + \sqrt{ 5 } \right)\end{eqnarray}}
  • 大きいサイズ3

    • \LARGE{ ... }
      • \LARGE{\begin{eqnarray}1 + \frac{ 1 }{ 1 + \frac{ 1 }{ 1 + \frac{ 1 }{ 1 + \ddots } } }= \frac{ 1 }{ 2 } \left( 1 + \sqrt{ 5 } \right)\end{eqnarray}}




Footnotes

Some text in which I cite an author.[^fn1] More text. Another citation.[^fn2] What is this? Yet another citation?[^fn3] Some text in which I cite an author.[^fn11] More text. Another citation.[^fn21] What is this? Yet another citation?[^fn31] Some text in which I cite an author.[^fn12] More text. Another citation.[^fn22] What is this? Yet another citation?[^fn32] Some text in which I cite an author.[^fn13] More text. Another citation.[^fn23] What is this? Yet another citation?[^fn33]

www.chriskrycho.com

[^fn1]: [@krycho:revelation:2015], ¶6. [^fn2]: Contra [@krycho:revelation:2015], ¶15, who has everything quite wrong. [^fn3]: [@krycho:revelation:2015]. [^fn11]: [@krycho:revelation:2015], ¶6. [^fn21]: Contra [@krycho:revelation:2015], ¶15, who has everything quite wrong. [^fn31]: [@krycho:revelation:2015]. [^fn12]: [@krycho:revelation:2015], ¶6. [^fn22]: Contra [@krycho:revelation:2015], ¶15, who has everything quite wrong. [^fn32]: [@krycho:revelation:2015]. [^fn13]: [@krycho:revelation:2015], ¶6. [^fn23]: Contra [@krycho:revelation:2015], ¶15, who has everything quite wrong. [^fn33]: [@krycho:revelation:2015].




Footnote

文書をトークン(単語など)*1の列に分割 文書をトークン(単語など)*2の列に分割 文書をトークン(単語など)*3の列に分割




Table
a b c
1 2 3
4 5 6
table head 1 table head 2 table head 3 table head 4
1 2 3 4

たくさんの見出し項目がある場合は、記事エリア全体を横スクロールさせての閲覧になる。 あまり美しくないが...



*1:転置インデックスにおいてキーとなるもの。単語ベースの方法では単語、文字ベースの方法ではテキストの部分文字列がトークンになります。

*2:転置インデックスにおいてキーとなるもの。単語ベースの方法では単語、文字ベースの方法ではテキストの部分文字列がトークンになります。

*3:転置インデックスにおいてキーとなるもの。単語ベースの方法では単語、文字ベースの方法ではテキストの部分文字列がトークンになります。