読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hatena Developer Blog

はてな開発者ブログ

【Google I/O 2016参加レポート】Android開発者向けオススメセッション 2日目

こんにちは、アプリケーションエンジニアのid:takuji31です。

昨日に引き続き、2日目の19日に私が見たセッションの中から、Android開発者の皆様にオススメのものを紹介します。

f:id:takuji31:20160519085202j:plain

What's new in Android development tools

www.youtube.com

最新のAndroidの開発環境、特にAndroid Studio 2.2 previewについてかなり詳細に紹介されています。

私が特に注目しているのは、

  • APK analyzer
  • Constraint Layout
  • Project Structure Dialog
  • Samples Browser
  • Espresso Test Recorder

の5つです。

APK analyzerは、apkファイルの中身を覗くことができ、リソースやIDの一覧、メソッド数などの情報を閲覧できます。

今まで専用のツールを使ったり、apkファイルをunzipして中身を見ていたのをAndroid Studioに簡単にできるようになり、便利ですね。

Constraint Layoutは昨日も紹介していますが、今までよりレイアウトを簡単に高速に作ることができるようになるようです。

Project Structure Dialogは今までもありましたが、Android Studio 2.2でかなり強化され、依存ライブラリーのアップデート表示や、依存ライブラリーの追加を今までより更に簡単に行えるようになりました。

Samples Browserは、公開されているサンプルから簡単に目的のコードを探し出すことができます。もうわざわざWebで検索する必要はありません。

Espresso Test Recorderは、EspressoのUIテストをエミュレーターの操作で自動生成できます。これはかなり便利ですね!

この他にもInstant Runの強化や、エミュレーターの更なる高速化など、開発効率を上げるための変更が多数あり、これはもはやバージョン2.2ではなく、3.0ではないのかと思っています。

また、動画だけでなく公式ブログでも変更点が紹介されていますので、こちらもご覧ください。

http://android-developers.blogspot.jp/2016/05/android-studio-22-preview-new-ui.html

最新のAndroidの開発環境を一通り確認したい方にオススメです。

Advanced Espresso

www.youtube.com

UIテストフレームワークのEspressoについて紹介されています。

Espressoの基本的な使い方や、使う上でのTipsがまとめられています。

UIテストは一見難しくコストパフォーマンスが悪いと思われがちでなかなか導入が進まないこともあると思いますが、Espressoはかなり直感的に書けますし、Espresso Test Recorderの登場で、導入コストも難易度も大きく下がるように感じます。

私はこれを機会にEspressoでテストを書こうと思っています。

Espressoについて詳しく知りたい方にオススメです。

Notifications: Everything you need in 45 minutes

www.youtube.com

Androidの通知についてとりあえずこれを聞いておけば完璧だよ、というセッションかと思って入ってみたら、Keynoteで発表された「Firebase Notifications」の紹介でした。

なぜ通知なのか、Firebase Notificationsで通知を送るにはどう実装するか、Firebase NotificationsとFirebase Analyticsとの組み合わせなどについて紹介されています。

Firebase NotificationsもFirebase Analyticsもクロスプラットフォームで、無料無制限で利用できる便利なツールですね。

内容とは関係ありませんが、やたら空気鉄砲らしきものでTシャツが発射されているのが少し気になりました。

Firebase Notificationsに興味がある、通知を簡単に実装したい、といった方にオススメです。

2日目を終えて

昨日と比べて気温がかなり下がり、昼間は暑いが夕方辺りからものすごく寒くなりました。

参加者も昨日と比べてかなり減っていましたが、やはりAndroid向けのセッションは人気が高く、行列ができていました。

現地の気候は昼と夜の気温の差が大きいので、来年以降参加する際は、少し厚めの上着が必要だということを覚えておくとよいでしょう。

まとめ

2日目のオススメセッションを紹介しました。

明日3日目は最終日、オススメセッションだけでなく、現地の雰囲気も写真付きで紹介したいと思います。

こちらの記事は帰国後公開予定となっております、しばしお待ちください。

最後に、はてなではGoogle I/Oに参加してAndroidやiOSのネイティブアプリ開発を行うスマートフォンエンジニアの募集を行っています。

一緒に最高のモバイルアプリを作ったり、Google I/Oに参加しましょう!

hatenacorp.jp